東京の板橋区は埼玉県の県境に近い北部ですが、その地域で新築の家を買うなら新築一戸建てがいろんな意味でイイねといえます。その理由の1つ目は広さと価格を比較した場合にあまり大きな差がないためです。2番目の理由として立地が大事になりますが、これも駅から徒歩で10分圏内の物件が多くてマンションとあまり価格の差がついていない状態であります。となると住みはじめてから毎日の生活を考えた場合は一戸建てのほうがいろんな意味でリスクを減らせます。そのリスクとは隣などとの騒音問題をはじめ、毎月強制徴収される修繕積立金や管理費の問題などが浮上します。特に修繕積立金や管理費は部屋そのものが全額払えたとしても、これが払えないと周囲の住民からの圧力がかかって住みにくくなります。その点一戸建てならばそれらの費用は自分の貯金をマイペースで貯めて自分の裁量で家のリフォームなどの修繕を行えます。特に高齢になった際に積立金や管理費の毎月の数万円の徴収はかなり家計に響きます。それを考えると一戸建てのほうがはるかに得策になります。

板橋区の新築一戸建てでおすすめ

板橋区の新築一戸建てでおすすめがあります。とても住みやすそうなところを見つけました。探してみるとだいたい2LDKの物件が多いけれど、なんと4LDKのところを見つける事ができました。価格が高いのかと思ったらそこまで高くもありません。4200万円で新築に住むことができます。これは部屋数もあるし、お得だと感じました。気に入ったところが対面キッチンになっているところです。これなら小さな子供がリビングで遊んでいても見守りながら料理をすることができます。また部屋が洋室が3部屋もあり、和室が1部屋もあります。だから子供部屋に寝室もあるし、お客さんを呼ぶこともできます。リビングもとても広く14畳もあります。駅からも歩いて18分ぐらいだからそれほど遠くありません。この4LDKもあって4200万円の新築はとてもいいです。おすすめです。

板橋区で新築一戸建てを求めませんか

首都圏の土地、相変わらず高い価格で推移しています。そこで考えることが、東京の外れも神奈川の中心も、埼玉の東京寄りも、それほど土地価格は変らないと言うことです。そのようなことを考えると、東京23区で一戸建てなんて無理と考えていた人も、意外に穴場を見つけることが出来るのではないでしょうか。そんな場所が板橋区においても、見つけることが出来ると言われます。ちょっと田舎の雰囲気もある板橋区は、発展途上の区でもあります。東京都内では、もう無理と簡単に諦めることなく、隅々まで探してみましょう。そこには板橋区で新築一戸建て住宅の購入が可能と知って欲しいです。そんな板橋区は、都心に出るにも交通の便は良いと言われていますし、最近では横浜まで直通の電車も走るようになりました。いろいろと便利になって行く区ですから、早めの手当てが良いのではないでしょうか。



  • カテゴリー
    • カテゴリーなし

  • アーカイブ